<< 若石足もみ ニコさんによる足も... 「卵&乳製品を使わないお料理作... >>

工芸の五月2016.企画展 ”衣食住”から感じる「生活のたからもの」

ワークショップ詳細

+++++++++++++

松本アトリウムは今年も「工芸の五月」に参加いたします。

今年は、”衣食住”から感じる「生活のたからもの」
家が衣食住の箱だとするならば、箱の中身という”暮らし”は丁寧で
丈夫で愛着が湧くモノコトであって欲しいと思います。

丁寧な暮らし方をする人、選ぶ基準を持っている人
ライフコーディネーター、ラッピングコーディネーターである
沼田みよりさんの”生活の中にあるたからもの”の一部
を食材やWSも交えて展示・販売したいと思います!

--------------------------------------

工芸の五月 企画展
”衣食住”から感じる「生活のたからもの」
2016.5.21-5.31
f0288787_11542716.jpg

ライフコーディネーター、ラッピングコーディネーターの沼田みよりさんの
丁寧な暮らし方、選び方、生活の中にある「たからもの」。
みよりさんの暮らしに寄り添った、生活のたからものの一部と食材を
ワークショップも交えて展示・販売いたします。

ワークショップでは『纏う布、繋ぐ食』と題して
真木テキスタイルスタジオのストール、ギャルリ百草定番サロン
を使った布づかいのレクチャーと
みよりさんおすすめの日々の道具の口当たりや
使い心地を感じてもらうワークを致します。
ちょっと欲張りな企画ですが、ゆっくり時間を取ってお出かけ下さい。

GESUT展示:真木テキスタイルスタジオ(ストール)
ギャルリ百草(定番サロン、タオル他)

=沼田みよりさんプロデュース=
「呼吸する塩壺」
f0288787_10404412.jpg
「こんな塩壺があったらいいな」と思ったことを機に
陶芸家石原稔久さんと試行錯誤をしながら
2年をかけて仕上げた、塩壺。
この塩壺は、湿気を外に逃がします。
その名の通り「呼吸」をしているので
塩が固まることなく、いつもサラサラの状態で使う事ができるのです!
濡れた手で塩をつまんでも、その後はサラリと
元に戻ってくれるのです!

この塩壺もアトリウム店頭にて展示販売いたしますょ♪

--------------------------------------

ワークショップ
『纏う布、繋ぐ食』
2016.5.21-5.22
f0288787_11542052.jpg

日々の暮らしで、必要に応じてデザインされた木のフォークや甘酒用の匙。
日々の薬膳、鉄火時雨を美味しくする土鍋。
それらを食し、作り方をレクチャー、そして、日々の道具の口当たりや
使い心地を感じてもらうワークです。
後半は、美しい真木テキスタイルスタジオの布やギャルリ百草のサロン
を使った布づかいのレクチャー。
様々な布質を感じながら、日々に活かす楽しさが経験できます。
ちょっと欲張りな企画。ゆっくり時間を取ってお出かけ下さい。
2日間限定でのGESUT展示と致しまして
真木テキスタイルスタジオ、ギャルリ百草の一部商品も販売いたします!
(ストール、サロン、タオルなど)

521日()AM1000
522日()AM1000
各会定員 10名(定員になり次第締め切り)
参加費 3,000
(鉄火しぐれ、甘酒パフェ(レシピ付き)、玄米コーヒーを頂きます)

お問合せ&ワークショップご予約
小林創建本社フリーダイヤル0120-127580
担当:加藤まで





■■■

沼田みよりさんより

「四角い布の可能性をテーマに布纏いのワークショップをする中で
機能的な布のサイズや質感、その機能美をそなえた美しさを満たしてくれるのが
真木テキスタイルスタジオの自然素材で染めた手紬ぎ手織りの布たちと
ギャルリ百草安藤明子さんが選ぶ古今東西の魅力的な布で作られたサロン。
流行に振り回されることのない、気持ちよく使って頂く過程を楽しめる布として
様々な可能性を秘めた、布の魅力をお伝えしたいと思っています。」

■■■


=真木テキスタイルスタジオ=
[真木千秋さんとの繋がり]
「__それは、もう20年も前のお話しになりますが
ラッピングコーディネーターという肩書でデビューした私は、
当時バリバリの_イッセイミヤケブランドのスーツを定番としていました。
そんな時、シンプルさを崩さずに、フェミニンに...と美しい手織り布を
選びスーツの肩に掛けたのが初めての出会いでした。
その布が着心地という大切な感覚を教えてくれました。
それから私は、人の身体をラッピングするのが大好きに。
そのストールは今でも、愛用しています。とろりと輝く美しい布になりました。」

=ギャルリ百草=
http://www.momogusa.jp/index.html
[安藤明子さんとの繋がり]
「繋がりは、15年程前不思議な出会いでしたが、
サロンとの出会いは、出来たばかりの青鈍色のサロンを
私にプレゼントしてくださったことから。
しっかりと取り込まれた厚地木綿は手ごわくて
なかなか履きこなせなかったけれど
今では親友のように私の身体に寄り添ってくれる
優しく味わいのある布へ変化しました。
サロンは、衣に体を合わせるのではなく
着物同様に、布を身体に寄り添わせて
自分らしく着用するもの。
だから、たくさんの可能性があってワクワクします。
初めてのサロンは、もちろん今でも愛用しています。」


--------------------------------------


f0288787_09364428.jpg
沼田みより
Numata Miyori

1959年福岡県生まれ。沼田塾代表。
ライフコーディネーター、ラッピングコーディネーター、色彩心理カウンセラー
夫のアクセサリーデザイナー・オカベマサノリさんとうきは市で暮らす。
長男誕生を機に「日々の暮らしをより豊かに」をテーマとする展示会や
講演会を行う「沼田塾」を立ち上げる。
五感で感じることを大切にした衣・食・住の提案を
ワークショップやイベントで発信している。
(「九州の食卓」より)

[関連書籍]

f0288787_15463500.jpg

「九州の食卓」2015年秋号

f0288787_15463520.jpg

「やさいの友」2011年 角川グループパブリッシング

f0288787_15463617.jpg

「ていねいに、くらす」2006年 美しい部屋別冊 主婦と生活社

f0288787_15463661.jpg

「セゾンドカオン」2005年 私のカントリー別冊 主婦と生活社


--------------------------------------

お問合せ&ワークショップご予約
小林創建本社フリーダイヤル0120-127580
担当:加藤まで


by m_atrium | 2016-05-20 16:20 | 工芸の5月.2016 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://matrium.exblog.jp/tb/25041199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 若石足もみ ニコさんによる足も... 「卵&乳製品を使わないお料理作... >>