<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

スクラップブッキング教室♪



スクラップブッキング体験会&ミニ作品展
参加者募集!

8月11日(火) 10時~15時
午前の部:10時~12時 午後の部:13時半~15時半
定員:4名
持ち物:写真10枚~15枚
参加費:1000円
要予約


お問合せ&お申込み
クリエイティブメモリーズ公認
アルバムアドバイザー
浅見奈美江
090-4672-9961
nami7373_11-shinkansen@docomo.ne.jp
f0288787_09333059.jpg





by m_atrium | 2015-08-09 09:39 | lesson.プチレッスン | Trackback | Comments(0)

写真はめっぽうおもしろい、一眼レフ入門講座


『写真はめっぽうおもしろい、一眼レフ入門講座』
f0288787_11160108.jpg


思い切って買った一眼レフがクローゼットで眠っている
いつもオートモードで撮っていて自分の写真に満足できない
取扱い説明書を見ると頭がいたくなる  
そんなあなたにオススメします!

一眼レフを使いこなして
もっと自由でクリエイティブな写真ライフを手に入れませんか?


目の前の世界を四角いフレームに切り取るということは
色や素材、様々な要素を自分で選ぶということ
これまで見えていた世界がより鮮やかに感じられたりセンスを磨く手助けにもなります。

一眼レフは基本をおさえてコツさえつかめば
どんどん撮ることがおもしろくなります。
実践では、身近な被写体であるお料理(ランチ)を通して
一眼レフの操作や素敵に撮るためのテクニックを学びます。

今回ご用意するランチは、
数々の料理本を出版され 実用性、デザイン性、精神性のある
キッチングッズ&テーブルウェアを扱う オンラインショップStudio482+の店主でもあり
創作料理研究家の宮本しばにさんによる特別メニュー
しばにさんのお料理は、美味しいだけではなく 見た目も美しいので、
写欲がくすぐられることでしょう。

撮影後は、お楽しみのランチタイム みんなで楽しくいただきます。

-------------------------------

『写真はめっぽうおもしろい - 一眼レフ入門講座』

2015年8月8日(土)10:00〜16:00

会場 松本アトリウム
定員 10名
参加費  10,000円 (ランチ代とテキスト代込み)

持ち物
デジタルカメラ。
一眼レフでもミラーレス一眼でもOKです。
   カメラの取扱い説明書(あればお持ち下さい)  
   メモリーカード(できるだけデータは空にしておいて下さい)・筆記用具

※ 先着2名様に、カメラ(一眼レフ・ミラーレス一眼、各1台)
無料貸し出しいたします。ご希望の方はお申し込み時にお伝え下さい。

※当日タイムスケジュール※
f0288787_16310782.jpg


創作野菜ランチ
   宮本しばに(studio482+)
   http://www.shivaniiskitchen.com

講師 野口さとこ
写真家。北海道小樽市生まれ。京都市在住。
写真好きな両親の元、幼少期より写真に興味を持つ。
大学在学中にフジフォトサロン新人賞部門賞を受賞し、東京にて写真家活動を開始。
出版・広告撮影などに携わる。
2011年、ライフワークのひとつである”日本文化・土着における色彩”を
テーマとした写真集『地蔵が見た夢』(Zen Foto Gallery)の出版を機に、
ART KYOTOnTOKYO PHOTOなどのアートフェアで展示される。
2014年12月より、移動写真教室”キラク写真講座”を主宰している。


http://www.satokonoguchi.com

お問合せ&お申込み
craft松本アトリウム 0263-28-5010
井上・加藤・輪湖








by m_atrium | 2015-08-08 16:56 | workshop.アトリウム企画 | Trackback | Comments(0)

夏休み企画♪『チャーリーと楽しむ、こどものための写真講座』


夏休み企画♪ こどもワークショップ♪

『チャーリーと楽しむ、こどものための写真講座』

f0288787_11160516.jpg


写真を撮る楽しさ、表現することの楽しさを知ろう!

お家にいるお気に入りの人形やぬいぐるみを連れてこよう。
そして、モデルになってもらい撮影しましょう!

カメラって難しんだろうか?

ピアノ教室も、絵画教室も、習字教室も、英語教室もあるのに
どうしてこどもに向けた写真教室がなくて、
大人の楽しみという 位置づけになってしまたのだろう…

面白いこと、楽しいこと、秘密のもの…
自分だけの世界をとらえて
その一瞬をふうじこめることができるのがカメラです。

そんな切り口で、お子さん自身がカメラマンになる講座をご用意しました。
この講座は、カメラに慣れ親しむための入門編です。

座学は極力少なくし、
どんどん撮影していく 楽しくて面白いという感覚にフォーカスしています。
今回は、私にとっての“チャーリー”のように
お子さんが慣れ親しんでいる
お気に入りの人形やぬいぐるみにモデルになってもらいます。

写真を撮る(撮り続ける)という行為は、
目の前にあるモノの質感や形、光、影、色、波動などを
よく感じ取り、観察する力を育みます。

「写真とは何か」
「写真はこう撮らなければならない」
そんな概念に囚われることのないこども時代にカメラを持って
撮ってみるという経験は、とても尊いものだと思います。

物を大切にするという心を育てる意味でも、
大切にしまって ある一眼レフをお子さんに持たせてみてはいかがでしょうか?
お子さんが撮った写真を見せてもらうのを楽しみにして おいて下さい。

そこにはきっとお父さんお母さんが知って いる以上の”何か”が写っているはずです。
子ども心を持った大人、または子ども心を取り戻したい大人も大歓迎です。

野口さとこ



『チャーリーと楽しむ、こどものための写真講座』

2015年8月7日(金) 9:30〜12:30
会場 松本アトリウム     
こども 3500円(おやつとお土産つき)おとな 5000円
定員 10〜15名  対象 小学4年生以上  

持ち物 
・デジタルカメラ。(一眼レフでもコンパクトカメラでもOKです)    
・カメラの取扱い説明書(あればお持ち下さい)      
・メモリーカード(できるだけデータは空にしておいて下さい)  
  
モデルにして撮ってみたいお気に入りのお人形やぬいぐるみを連れて来て下さい。



お申込み&お問合せ
松本アトリウム 0263-28-5010
井上・加藤・輪湖


by m_atrium | 2015-08-07 15:20 | workshop.アトリウム企画 | Trackback | Comments(0)